JBPRESS CDO CLUB JAPAN

後援

日本の伝統的企業がAI、IoT、ビッグデータといったデジタル技術を経営に取り込むことで企業変革を実現し、イノベーションにつなげていくためには何が必要なのかー。日本企業の喫緊の課題であるデジタルトランスフォーメーション(DX)実現のヒントを探る恒例のイベント「Digital Innovation Forum 2019 秋」の開催が10月3日(木)に決定しました。

4回目の開催となる今回の特別講演には、コニカミノルタ 代表執行役社長 兼 CEOの山名 昌衛氏が登壇。コニカミノルタでは、「課題提起型デジタルカンパニー」を掲げ、祖業のカメラ・フィルム事業から培ったコア技術とICTやAIなどによるデータ解析を組み合わせ、がんの個別化医療の実現や、あらゆるワークプレイスの生産性・創造性の実現など、経営トップの積極的なコミットメントの下でDXを強力に推進しています。同社の具体的な取り組みやその変革プロセスについて、豊富な事例を交えながらご紹介いただきます。

また、毎回大人気のプログラム、有力企業のDX推進担当役員によるパネルディスカッション(提供:一般社団法人CDO Club Japan)では、味の素 代表取締役副社長執行役員(CDO)の 福士 博司氏、および三菱自動車工業 執行役員 最高情報責任者(CIO) グローバルIT本部長の車 真佐夫氏にご登壇いただきます。

味の素の福士氏は、同社が今年6月に設置したCDO(最高デジタル責任者)のポジションに代表取締役副社長という立場で就任され、味の素のアセットライト経営の推進とあわせてDXによる業務効率化を追求し、同社の技術力とビッグデータ解析にスモールマス・マーケティングを結び付けた新しい価値の創造に取り組まれています。また、三菱自動車工業の車氏は、CIO(最高情報責任者)という立場で、組織のデジタル変革を経営の視点で推進する役割を担い、モノとしてのハードウェアとコトとしてのサービスの融合を目指し、自動車業界に迫りくる「CASE」時代を見据えDXに取り組まれています。

このほか、各デジタル分野のプロフェッショナルによる講演が目白押しです。明日から自社のDX推進に役立てていただける充実したプログラムとなっておりますので、この機会にぜひご参加ください。

開催概要

※ご応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果はメールでのご連絡をもって代えさせていただきます。
また、協賛企業の競合製品・サービスを取り扱う企業にご在籍のお客さまにつきましては、ご参加をお断りする場合がありますので、
あらかじめご了承ください。

タイムテーブル

時間 講演者 タイトル
12:20

開場

12:50〜13:20
木通 秀樹 氏

木通 秀樹 氏
株式会社日本総合研究所
創発戦略センター 部長
(IoT推進担当)
シニアスペシャリスト

基調講演
デジタルトランスフォーメーションで付加価値をいかに創出するか

13:20〜13:45
阿部 卓矢 氏

阿部 卓矢 氏
UiPath株式会社
プロダクトソリューション本部 本部長

RPAで加速する、人材ど真ん中のデジタルトランスフォーメーション

日本法人設立から2年8か月、UiPathは日本を最優先市場として日本の自動化の推進に注力して参りました。デジタルトランスフォーメーション(DX)には不可欠なRPAの活用について、UiPathの様々な取り組みをご紹介させていただきます。

13:45〜14:15
●● ●● 氏

講演者未定
株式会社キーエンス
データアナリティクス事業グループ

キーエンスの高収益を支える「データ活用」とは?

大量のデータを活用した営業活動の最適化が、キーエンスの高収益を支えています。キーエンスが、どのようにデータを活用し、組織に定着させるべく試行錯誤を繰り返し、成功パターンを模索してきたかを、コンパクトにお伝えします。さらに、そのデータ活用ノウハウをAI化したソフトウェア「KI」も、デモを交えご紹介致します。「組織のデータ活用レベルを何としても上げたい」とお考えの方に、お役に立てれば幸いです。

14:15〜14:25 休憩
14:25〜14:35
加茂 純 氏

加茂 純 氏
一般社団法人CDO Club Japan
代表理事&創立者

特別セッション
第4次産業革命を先導!全社DXの推進役
「CDO(最高デジタル責任者/最高データ責任者)」の役割と意義

14:35〜15:25
山名 昌衛 氏

山名 昌衛 氏
コニカミノルタ株式会社
代表執行役社長 兼 CEO

特別講演
デジタルトランスフォーメーションによる新しい価値の創造

コニカミノルタは「課題提起型デジタルカンパニー」を目指し、まだ見えていない課題も先回りしてお客様と一緒に答えを導き出し、ビジネスや人間社会の進化を支える新たな価値を提供していきます。
祖業のカメラ・フィルム事業から培ったコア技術と、ICTやAI等によるデータ解析を組み合わせ、がんの個別化医療の実現や、あらゆるワークプレイスの生産性・創造性の向上に貢献します。当社の変革プロセスを事例と共に紹介します。

15:25〜15:55
溝口 宗太郎 氏

溝口 宗太郎 氏
Slack Japan 株式会社
シニアテクノロジーストラテジスト

デジタル変革でコミュニケーション・コラボレーション活性化!
全社一丸となって前に進む組織を作る

組織のサイロ化、階層化が進むことで社内の情報流通が滞り、せっかく優秀な個人や組織が存在していても、全体としてのパフォーマンスがなかなか上がらないという課題を耳にします。本セッションでは、デジタル変革をコミュニケーション・コラボレーションの観点で支援するSlack(スラック)を通じて、個人や組織の力を1つに束ね、全体のパフォーマンスを向上するための方法を、お客様・自社の事例を通じて一緒に考察して参ります。

15:55〜16:25
宮坂 祐 氏

宮坂 祐 氏
株式会社ビービット
執行役員 エバンジェリスト

『アフターデジタル』~OMO‐UX戦略と日本型DXの在り方

デジタルが生活に浸透する現代、オンラインとオフラインを分けずに一体として捉えオンラインの競争原理で戦略を組み立てる「OMO(Online Merges with Offline)」という考え方が重要になります。本セミナーではOMOの要諦を紹介するとともに、日本におけるDXの進め方を解説します。

16:25〜16:40 休憩
16:40〜17:55
福士 博司 氏

福士 博司 氏
味の素株式会社
代表取締役副社長執行役員
(Chief Digital Officer (CDO))

車 真佐夫 氏

車 真佐夫 氏
三菱自動車工業株式会社
執行役員 最高情報責任者(CIO)
グローバルIT本部長

加茂 純 氏

モデレータ
加茂 純 氏
一般社団法人CDO Club Japan
代表理事&創立者

パネルディスカッション
デジタル時代の価値創造

デジタル技術の発達と発展は既存の産業構造を変えつつあり、多くの企業は既存のビジネスモデルを変革するための取り組みを加速させつつあります。
一般社団法人CDO Club Japan 加茂代表のモデレーションの下、有力企業の最前線でデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進しているCDO(最高デジタル責任者/最高データ責任者 ※これに準ずる職責の方を含む)の方々にご登壇いただき、デジタル時代の新しい価値創造に向けた取り組みをご紹介いただきます。

味の素の福士氏は、同社が今年6月に設置したCDO(最高デジタル責任者)のポジションに代表取締役副社長という立場で就任され、味の素のアセットライト経営の推進とあわせてDXによる業務効率化を追求し、同社の技術力とビッグデータ解析にスモールマス・マーケティングを結び付けた新しい価値の創造に取り組まれています。また、三菱自動車工業の車氏は、CIO(最高情報責任者)という立場で、組織のデジタル変革を経営の視点で推進する役割を担い、モノとしてのハードウェアとコトとしてのサービスの融合を目指し、自動車業界に迫りくる「CASE」時代を見据えDXに取り組まれています。

食品と自動車、各業界のリーディングカンパニーで全社的なDXに取り組まれているお二方とのディスカッションから、日本企業におけるDX実現のカギを紐解きます。

※タイムテーブルは変更になる可能性があります。
あらかじめご了承ください。

※ご応募多数の場合は抽選とさせていただきます。抽選結果はメールでのご連絡をもって代えさせていただきます。
また、協賛企業の競合製品・サービスを取り扱う企業にご在籍のお客さまにつきましては、ご参加をお断りする場合がありますので、
あらかじめご了承ください

ベルサール御成門タワー

〒105-0011
東京都港区芝公園1-1-1 住友不動産御成門タワー3F
TEL : 03-6402-5920

電車

「御成門駅」A3b出口直上(三田線)
「大門駅」A6出口徒歩6分(大江戸線・浅草線)
「神谷町駅」3番出口徒歩9分(日比谷線)
「浜松町駅」北口徒歩11分(JR線・東京モノレール)

https://www.bellesalle.co.jp/docs/onarimon_accessmap.pdf

※近隣に「ベルサール御成門駅前」がございますので、
お間違いないようご注意ください。

セミナー事務局

株式会社日本ビジネスプレス内
電話番号:03-5577-4364(10:00~18:00)
メールアドレス:seminar@jbpress.co.jp

©2008-2019 Japan Business Press Co.,Ltd. All Rights Reserved